Morimori eat vegetables

宇内一童のブログ

改名した2015年 書いた記事・出来事まとめ

f:id:EinsWappa:20160503181704j:plain

2015年は何もなかったようで変化の多い年でした。

1月になんの戦略もなしにフリーランスになってみたら仕事がなくて死にそうになり、知り合いに仕事をいただいて凌いだものの限界が訪れ、2月半ばから週5の派遣社員に。派遣の仕事をやりながらライターの仕事を徐々にいただけるようになり、12月から再びフリーランスになりました。

そんな自分の1年の活動を軽く振り返ってみたいと思います。  

 

 

「テレビフォーマット」の記事を書いた

2014年の夏にオモコロで「探偵ナイトスクープ!シリーズ」というのを書きました。

 

f:id:EinsWappa:20160503181706j:plain 

こんな感じで静止画にテレビのスーパーっぽいやつを入れていることから、自分ではこのやり方を「テレビフォーマット」と呼んでいるのですが、2015年もやりました。

 

 

写真すべてに手を加える必要があるのでコスパ悪すぎなんですが、テロップを入れるのが楽しいです。もっとやりたい。 あと、オモトピアで書いた、アダルトメーカーのソフト・オン・デマンドさんに見学に行くという記事でもテレビフォーマットを使ったのですが、ある方面からの圧力によって記事が消滅しました。自分にとって今年唯一の当たり記事だったのに……。

 

f:id:EinsWappa:20160503181707p:plain

今後はテレビをもっと研究して、このテレビフォーマットに磨きをかけようと思ってます。  

 

 

テレビに出た

5月にTOKYOMXテレビの『バラいろダンディ』という番組に出ました。 2012年の10月にオモコロで、ピロートーク代行「ピロティー」という特集記事を書き、そのおまけとしてジョークサイトを作ったのですが、そのサイトを見て本物のサービスだと勘違いしたテレビのディレクターから出演のオファーがありました。

本物と勘違いされた、ピロートーク代行サービスのHP f:id:EinsWappa:20160503181708p:plain

 ……これ、ふつう本気にする??? で、結局「ピロートークの達人」としてテレビに出ることになったのですが、テレビに映る自分を見て「俺ってこんなに『さしすせそ』が下手なのか……」と落ち込んでしまいました。でも、橋本マナミさんを腕枕できたからプラマイ0! 橋本さんいい女!  

 

 

イーアイデム と デイリーポータルZ のコラボイベントでトリを務めた

3月に「じもリンピック」というイベントがありました。プレゼン大会みたいな感じだったのですが、なぜかトリで登壇することになりました。バラバラになったうちの家族についてプレゼンしました。ウケたので良かったです。

 

そのプレゼン資料の一部

f:id:EinsWappa:20160503181711p:plain

f:id:EinsWappa:20160503181712p:plain

f:id:EinsWappa:20160503181714p:plain

f:id:EinsWappa:20160503181716p:plain

f:id:EinsWappa:20160503181718p:plain

f:id:EinsWappa:20160503181721p:plain

f:id:EinsWappa:20160503181723p:plain

f:id:EinsWappa:20160503181725p:plain 

イベントに登壇するのは刺激的で楽しいので、今後はもっとグイグイ出て行きたいですね。自分でも主催してみたい。

 

アインツワッパ→宇内一童に改名

2012年からアインツワッパという名前で活動してましたが、アインツワッパは辞めました。アインツワッパは良くない。 これからは「宇内 一童(うないいちどう)」という名前で活動しますが、「さかなくん」とか「なかやまきんに君」などの専門性が感じられる芸名に憧れがあるので、何かの専門家になったら再改名を検討したいです。

 

ユーモアが死んでる人を発見した

 

個人的に好きな記事を紹介

omocoro.jp

フリー素材を用いた記事は「オリジナリティが無い」と敬遠されがちですが、そのフリー素材だけで作ったのがポイント。外国人のモデルたちがいい味出してます。あんまり共感されなかったのが残念だったんですが、トイレのドアの取っ手が濡れてると嫌じゃないですか? 嫌ですよね?

 

ure.pia.co.jp

AV男優の森林原人さんのインタビュー記事。「セックスに必要な筋肉」というテーマで出演交渉したら「仮性包茎を活かす方法はいかがでしょうか?」と逆提案があり「それでいきましょう!」となりました。包茎とのギャップを出すためにコンデジで撮った写真をがんばってインスタグラム調に加工したのですが、カッコ良く仕上がったのではないでしょうか?

 

もっとも書いた年でした

2014年までは月に1回オモコロで特集を書くだけでしたが、2015年はいろんな媒体で書かせていただき、今まででもっともライターの仕事をした年になりました。2016年は300倍書くぞ!

広告を非表示にする