Morimori eat vegetables

宇内一童のブログ

画太郎先生の個展「漫☆個展」に行ってきました

 

漫☆画太郎先生の初個展に行ってきました。

 

▼「漫☆個展中野ブロードウェイで8/26まで開催中!

f:id:EinsWappa:20140817134843j:plain

 

 

▼「PHOTO OK!」とのことなので撮らせてもらった

f:id:EinsWappa:20140817135721j:plain

 

▼まずは笑顔の先生がお出迎え 

f:id:EinsWappa:20140817134842j:plain

 

▼ 『まんカス』収録の『つっぱり桃太郎最終回』の原画

f:id:EinsWappa:20140817134839j:plain

 

▼ 「はうあ!!!」子供のころ真似してよく言ってた

f:id:EinsWappa:20140817134841j:plain

 

▼この迫力である 

f:id:EinsWappa:20140817134838j:plain

 

▼最後は罵声を浴びせられます。カッコ良すぎます。 

f:id:EinsWappa:20140817134835j:plain

 

画太郎先生の理不尽な漫画はもちろんのこと、線の緻密さ、同じ絵の使い回し、たまに見せる萌絵の可愛さなど、そのどれもが素晴らしく畏敬の念を抱かずにはいられません。

 

中でもボクが一番好きでよく読み返しているのが『まんカス』に収録されている『まいうー物語』。あらすじはこんな感じ。

 

 

メガネのオヤジがおでんの屋台で飲みながら「ちくしょう」とぼやいている。

それ聞いた屋台のマスターが「なにか嫌な事でもあったんですか?」と訊く。

メガネのオヤジは述懐する。家でビールを飲んで「まいうー」と言ったら娘に「うるせー!」と言われケンカになってしまった。

メガネのオヤジ、マスターに訊く。「まいうーって、若者にとってむかつく言葉なのだろうか…」

マスターが提案する。「実際に聞いてみないとわかんねーから言ってみてもらえませんか?」

メガネのオヤジ「まいうー」

メガネのオヤジ、マスターにボコボコにされる

 

 

これだけの話で、読んでいて本当に得られるものが何もないんですがつい何度も読み返してしまう。読後に「画太郎先生はこの作品にどんな想いを込めたのだろうか…」などと考えてしまうが、そんな感想は先生にとっては余計なお世話で「何も込めてねーよ!!! バカヤロ―ッ!!!」ってことなんだと思います。

 

 

▼『まんカス』は装丁がめちゃくちゃカッコいい

f:id:EinsWappa:20140817134844j:plain

 

 

余談になりますが、オモコロの名刺が余りまくっていたので前日に「中野ブロードウェイでボクを見かけたら声かけてください。名刺交換しましょう」とツイートしていました。

そして当日、意気揚々と中野を練り歩いたのですが予想どおり誰からも声をかけられませんでした。

 

 

 

なにが交流だ!!!

バカヤロ―ッ!!!

広告を非表示にする