Morimori eat vegetables

宇内一童のブログ

中島、わかってくれたかい?

まず、仮名を用いて例え話をしたいと思います。

 
――若田健一、村野大作、ふたりは中学三年生です。

 

f:id:EinsWappa:20130209205522j:plain

 

ふたりは生徒会長に立候補しました。
体育館の壇上で、両者による熱のこもった演説が繰り広げられました。
全校生徒に投票用紙が配られました。生徒一同は、投票用紙に名前を書き投票箱に入れていきます。

 

投票用紙は開票され、結果発表の時間がやってきました。



「若田健一、312票。村野大作、256票。無効投票、1票。よって生徒会長は若田健一に決定しました」

 


がっくり肩を落とす村野。彼に歩みよった若田は右手を差しのべ、村野はそれに応じました。そんな友情劇に感化された生徒一同は拍手喝采です。


しかし、体育館の中でただひとり、焦点の定まらぬ目つきで虚空をながめる男がいました。

 


中島礼二です。

f:id:EinsWappa:20130209205919j:plain

 
同級生の中島は生来のひねくれ者で、「生徒会長に立候補するような男は出しゃばりである。日本人の美徳である謙譲の精神が微塵も感じられない」と批判し、ふたりに対して敵意をむき出しにし、その敵意は投票用紙に「どちらも不適任」と書かせるまでに至りました。

そう、1票の無効投票を投じた犯人、それは他でもなく中島だったのです――


 


世の中には、この中島的人間が少なからず生息しているように思います。

ある休日、ぼくはテレビでニュースを見ていました。
ニュースキャスターは温暖化現象の深刻さを訴え、その一例として東京湾をあげました。

 


「日本海の海水温度の上昇により、本来日本にいないはずの南国の魚が東京湾に生息しだし、温暖化によって冬を越すことができるようになったため、その数は年々増加しているようです。温暖化現象は、東京湾の生態系にも影響を与えているんですね」

 


画面は日本海の海中の様子を映しています。するとなるほど、キレイな原色の小魚の群れが優雅に泳いでいるではありませんか。

 

再び画面はスタジオにもどり、キャスターが手馴れた手つきでボードを立てました。ボードには円グラフが書かれてあります。

 

 

f:id:EinsWappa:20130209145344g:plain

 


「東京湾で漁業関連の仕事をしている方にアンケートを行いました。7割の方が東京湾の生態系に変化を感じられているんですね」


キャスターがさらりとまとめると、次のニュースに移りました。

ぼくはこの円グラフを見て、事態の深刻さをあらためて実感させられました。それは温暖化がなんちゃらという問題では決してありません。


6パーセントもの「中島」がいることが大問題なのです。

 

f:id:EinsWappa:20130209210042j:plain

 

これがもし100人のアンケートだとすれば中島は6人。結構な中島率である、と言う事ができます。

「変化はあったか?」という質問にたいして、なぜ中島は「どちらともいえない」というまったくもって不明瞭なアンサーを述べるのでしょうか。なぜ素直に、二択で答えてあげないのでしょうか。

推測するに、中島のうちのひとりはこう答えたのだと思います。

「変化? いいかねキミ、森羅万象はね、常に変化をくりかえしているのだよ。宇宙一硬い物質にさえ毎日なにがしかの変化は起こっているのだよキミ。たとえばキミね、人間は年をとる。体が衰えていくね。しかしね、ボクは老化が醜いとは一切思わないよ。逆に、劣化するからこそ『味』に深みが増すよ。ボクはそう思うんだねぇ。だからボクは西欧のアンティークなんかは大好きでね、妻をはじめて抱いたのもレトロなダブルベッドだったよ。ギシギシきしむ、あの音がいいんだよねぇ。妻との初夜から30年が経つけど、妻のことはもちろん今でも毎晩抱くよ。って何を言わせるんだねキミは! まぁ、あれだね。ナンセンスだよその質問。『東京湾の魚に変化があったか』って。ナンセンス極まりないよ。だってさ、さっきも言ったけど森羅万象変化をくりかえすわけでしょ? それに対して『変化はあったか?』ってさ。そりゃないんじゃない? それとさ、なにかにつけて有る無しの二元論で考えるのは良くないよ。ボクはそう思うし妻もうなずくと思うよ。マジでそう思う。じゃあ、仕事があるから。ごきげんよう」


長々とそのような意見を述べた結果、中島の意見は「どちらとも言えない」という9文字の言葉に凝縮され、そのアンサーにスポットがあたることはなかったのです。

 

 

 

以上、長くなりましたが「二択なら二択の中から答えよう」という話をしました。ぼくの主張が伝われば幸いです。特に、中島に。


……おい中島、君はわかってくれたかい?

 

f:id:EinsWappa:20130209205919j:plain

 

 

執筆:2008年2月10日

加筆修正:2013年2月9日

 

広告を非表示にする