1日でも時間を費やせば、オモコロのライターになれる

宇内一童がオモコロライターになった経緯。